planet vpnに変えて劇的に変わったこと

公開日: 

私は中国の上海に住んでおります。もう5年程になるでしょうか。

やはり中国のインターネット利用は不便が強く、特に日本に住んでいる方との連絡には苦労します。

初めて中国のインターネット規制の事を聞いた時も衝撃を受けましたが、その後、もはや日本でのスタンダードとなりつつあるFacebook、Line、Twitterなどに対しても規制が適用され、ある種島送りのような感覚すら覚えました。

もちろん、中国滞在も長いのでVPNの存在は知っておりましたが、このVPNも常時万能という訳では無いんですね。

というのはVPNそのものに対しても、この接続規制が適用されることがあるため、せっかくVPNを利用し始めてもある日突然使えなくなってしまう…という事がよくあります。

何でも中国にはネットの監視要員が数百万人居り、24時間体制でいろいろと都合の悪い書き込みや検索語句を監視してると言われますからね。

これまで使用していたVPNサービスに繋がらなくなり、中国のインターネットに安息は無いのか…なんて思いながら、次のVPNを探していたんですね。

ネット上のとある記事で「これまで契約した中で一番安定している!」とプラネットVPNが紹介されており、もう新規のVPN探しにうんざりしていた自分は、「安定」の二文字に惹かれました。

オンライン契約はさくっと行えたので、もうその記事を読んだすぐ後にプラネットVPNと契約をさせて頂きました。

まあ最初は「やっぱりまたそのうち使えなくなるのかな…」なんて最初は思っていたのですが、気がつけば…

『プラネットVPNを利用してから半年が経ちました。』

これまで契約したVPNは、だいたい数か月ほどで使えない状態になってしまう物がほとんどでした。

ですがプラネットVPNはこれまで利用したVPNの中で最も安定しており、現在も問題なく使用できております。

利用料金も比較的安い部類の中で通信速度も速く、通信の安定性にも不満はありません。
長年中国に住み、色々なVPNサービスを利用してきましたが、これだけ長く利用が安定している物は無く、衝撃的でした。

現地の友人達にもプラネットVPNを勧めましたが、友人達も長期間、問題無く使用できているようです。

日本国内に限定された動画サービスなども利用できますし、本当に言うことなしです。

 
about01about01

PAGE TOP ↑