海外VPNから国内のVPNへ

公開日: 

私は現在、中国の上海に住んでおります。

こちらに渡ってからはおよそ3年程になるころですね。

皆さんは、中国のインターネットには、国が規制を敷いているというのをご存知でしょうか?

中国からは「Youtube」、「Google」、「Facebook」といった有名なインターネットへのアクセスが行えないよう、規制が適用されています。

これは国が敷いている規制となっていますので、公共施設の端末だけでなく、個人の端末からのインターネット利用にも適用される強固な物となっています。

この規制により、中国のインターネットは不便が強く、特に日本に住んでいる方との連絡には苦労します。

この規制には上に上げた「Facebook」もそうですが、日本で流行したコミュニケーションツールである「Line」も、規制の対象となってしまっており、友人との連絡を取るのに便利なこれらが使えないのです。

初めて中国のインターネット規制の事を聞いた時は、その不便さに衝撃を受けてしまいました。中国はインターネットの孤島か何かか?と思うほどに。

その衝撃から程なくして、「VPN」の存在も知りました。

この規制は「接続先のサイトが規制対象だったらアクセスを制限する」というシステムになっているため、「VPN」で「接続先を隠す」ことで規制の網を逃れることができるという話ですね。

しかし、この「VPN」も常時万能万全という訳ではありません。

というのも、実はVPNそのものに対してもこの接続規制が適用されることがあり、せっかくVPNを利用し始めてもある日突然使えなくなってしまう…という事がかなりあります。

聞く所によれば、中国にはネットの監視要員が数百万人居て、さらに24時間体制でいろいろと都合の悪い書き込みや検索語句を監視してると言われますからね。

…ほんとでしょうか?数百万人なんて動員したら、ものすごいコストがかかってしまっているような。

…まあそんな形で、これまで使用していたVPNサービスに繋がらなくなったら、「中国は本当にインターネットの孤島だなあ」…なんて思いながら、次に契約するVPNを探していたんですね。

そんな中で、今回ネット上のとある記事で「これまで契約した中で一番安定している!」、「半年以上使っているが問題ない」とプラネットVPNが紹介されており、もう新規のVPN探しにうんざりしていた自分は、「安定」という言葉に惹かれ、プラネットVPNとの契約を勧めました。

はじめのうちは「またそのうち使えなくなるのかな…」なんて思っていたのですが、気がつけば…

『プラネットVPNを利用してから半年が経過!』

これまで契約したVPNは数か月ほどで使えない状態になってしまう物がほとんどでしたが、プラネットVPNは現在も問題なく使用できております。

利用料金も比較的安い部類の中で通信速度も速く、通信の安定性にも不満はありません。
日本国内に限定された動画サービスなども利用できますし、本当に言うことなしです。

引き続き、よろしくお願いします。

 
about01about01

PAGE TOP ↑