無料VPNで繋がらないときは有料VPNをトライ

公開日:  最終更新日:2016/11/08

中国国内でインターネットをする際に外国へアクセスする時に欠かせないのがVPN接続。 規制が強まっている中で特にTwitterやFacebook等のSNS、Gmail等のメールサービス、EvernoteやDropbox等のオンラインストレージにアクセスするなら欠かせません。 特に仕事で中国に出張する際は死活問題と言えるレベルでしょう。

無料VPNサービスでも接続出来ないケースが発生

手軽に、そしてユーザー登録不要で接続出来る無料VPNサービスはとてもありがたいもの。 しかし、その無料VPNサービスで接続が出来ないケースがあります。 要因としてはいくつか挙げられますが、まずは無料VPNサービスの場合は回線速度が低速なケースが多いです。 Facebookのタイムラインを読み込むだけで5分以上かかる事もあるそうです。 また、無料サービスという事もあり中国国内の国民が利用するケースも多く、それによりサーバーへの同時アクセスの影響で極端に速度が落ちてしまうのです。 これに関してはクレジットカードを持てない国民が居るとのことで、必然的に無料VPNサービスを利用するという事もあるそうです。 この他にも接続が出来ない原因として有名なものが、無料VPN接続サービスにも中国国内の規制に迫っています。その規制は年々強化されており、影響は広がる一方。 無料VPNサービスの一部も検問され、サービスサイト自体にアクセスが出来ないというケースもあるようです。

快適な接続を求めるなら、有料VPNサービスを使用するのが一番

もし無料VPNサービスに不安があったり、出来るだけ快適にVPNを使用したいという場合は有料のVPNサービスを使用してみるのも一つの手段でしょう。 無料VPNサービスに比べて回線も安定して高速で、セキュリティも強化されて安心して接続が行えるようになります。 また、サポートも受けられるなどメリットは充分。 クレジットカードやユーザー登録などで個人情報の登録が必要となりますが、快適に使用出来るならそれも良しでしょう。 サービスによっては、無料VPNサービスを提供している運営が有料プランを用意している、という事もあるようです。 ただし、有料VPNサービスだから全てのサイトに対して規制を受けること無く接続が出来るというわけでもないようです。 そのため、有料VPNサービスを契約する際には、無料の試用期間にも注目。 無料の試用期間を使って自分の使用感にフィットするかを確認しておくのが良いでしょう。 中国でのネットワーク環境は日々厳しくなる一方。 有料のVPNサービスで少しでも快適なネットライフを堪能しましょう。

 
about01about01

PAGE TOP ↑