中国でVPNを複数契約する理由

公開日:  最終更新日:2016/11/08

昨今「VPN」の提供サービスに参入する企業は増加の一途を辿っていますね。 その背景には「中国のネット規制」や、「特定地域のみで提供されているサービス」といった、「VPN」需要が確かに存在する為でしょうか。 「VPNを利用するユーザ」も参入する企業の増加に伴って増えています。 本記事ではそんな「VPNサービス」を「複数契約」するメリットについて触れていきます。

『VPNサービスを複数契約し、通信の安定を図る』

VPNの利用中、速度が遅くなったり、接続が安定しなくなったりした事がありませんか? これはそのVPNサーバーへのアクセスが集中している事が主な原因となっております。 VPNサービス業者は、その混雑を回避する為に、一つの地域に複数のサーバーを設けたい所ですが… それにはもちろんサーバーを設置、運用するコストがかかります。 業者の規模によっては十分な分散先を用意できていない事も考えられます。 またVPNサービスごとに利用者の分布が異なり、アクセスが集中する時間帯はサービス事に異なります。 VPNを複数しておけば、通信状況に応じて利用するサービスを切り替える事で、「安定した通信」と、「通信速度の低下」を防ぐ事ができます。

『中国からのVPN利用について』

中国ではインターネットの利用に規制が適用されているため、VPNによってその規制を回避しないことには、誇張表現でなく満足にインターネットを利用する事ができません。 ですので、VPNは中国でのインターネット利用に必須といって良い存在となっていますが…。 中国もVPNなんて存在は勿論理解しており、VPNへの接続が頻繁に遮断されるんですね。 一度遮断されると二度と使えなくなったり、時間が立てばまた使えるようになったりするのですが、何にせよ「遮断される可能性が有る」と言う点は考慮すべきでしょう。 VPNを複数契約しておけば、AのVPNが遮断を受けてもBのVPNで代用する事ができます。 例えばビジネスシーンでVPNを利用している方などは、一時的に利用ができないような状態が命取りになる事も想定されますね。 そういったリスクを減らすためにも、いざという時の為にいくつかVPNを用意しておくと良いでしょう。 現在も凄まじい勢いで成長している「インターネット文化」は、今後もますます発展していくでしょう。 それに伴って「VPNサービス」も参入する業者、利用者が増え、多様化していくと思われます。 自分の利用方法に適したVPNサービスを選択していきたいですね。 本記事で皆様のネットライフが快適な物になれば幸いです。

 
about01about01

PAGE TOP ↑