オンラインストレージとして優秀なDropboxを中国で使うなら、有料VPNサービスのご検討を

公開日: 

同期も簡単、手軽にデータの保存や複数人数でのやりとりが行えるdropbox。
個人や会社問わず導入されている方も多いのではないでしょうか。

ですが、そんなdropboxサービスも中国では検問の対象。接続、利用が出来ないのです。

PCの中に保存しているデータはまだしも、複数人数でデータを共有している場合は他の人とのスムーズなデータのやり取りが出来ないもの。Webやアプリのデータ制作等であれば死活問題と言っても良いでしょう。

そんな問題を解決したい時はやはりVPN接続がおススメ。

そもそもVPN接続とは、メリットはあるのか

そもそもVPN接続とは(バーチャル・プライベート・ネットワーク)の略称で、当社のようにVPNを提供している会社のサーバと、皆さんのPCを繋いでいるネットワーク回線の間に仮想的に専用のネットワークを作り、接続を行う事を言います。

大きなメリットとして、中国の検問を回避してdropboxサービスが利用出来るようになるのです。dropboxにとどまらず、TwitterやFacebook等のSNS、LINE等のメッセンジャーアプリ、Googleが提供しているサービス全般が利用出来るようになるというのは、非常にありがたいものです。

そして、もう一つの大きなメリットは暗号化。PCとサーバ間で形成された仮想ネットワークは、データの盗聴や改ざんを防ぐために暗号化が施されています。そのため、仕事のデータをやりとりする際も盗まれてしまうリスクが大幅に低減され、より安心出来るでしょう。

VPN接続の安定感が段違い、安心して利用するなら有料VPNサービスがおススメ!

では、そのVPNサービスも多数ある中で選ぶのは大変。出来れば安定した良いサービスを活用したいですよね。そんな中でおススメしたいのは有料VPNサービス!

有料VPNサービスのメリットはやはりその安定性。無料で提供しているVPNサービスと比較しても、同じインターネット回線でもその接続の確実性は段違い。また、接続の速度にもその差が表れる程には使い勝手が違ってきます。

無料VPNサービスで聞かれるのは、ブラウザやデータのやりとりにとても時間を要する事。画像データのやりとりをしようものなら、アナログ回線のような速度になってしまう事もあるそうです。特にDropboxであればデータの種類を問わずやりとりするものですから、せっかく高速のインターネット回線を使うのですから、VPNサービスも出来るだけ良いサービスを利用していきましょう。
ちょっとお高めのランチ1食分で便利にVPNサービスが利用出来ると思えばお得感満載です。

プラネットVPNは無料体験期間付き、自動更新プランがとてもお得

そんなVPNサービスを提供しているプラネットVPNは、お気軽にご利用いただくために無料体験期間をご用意しております。何より、1週間の体験期間でじっくりと使い勝手をお試しいただけます。

中国以外の他の国はもちろん、日本国内での公共Wi-Fiを使って仕事をする機会の多いフリーランスの方にもプラネットVPNはおススメです。接続マニュアルもサイトでご案内、専用のソフトを使わずに設定するだけの簡単設定です。

是非、この機会にプラネットVPNをご検討ください。

 
about01about01

PAGE TOP ↑