日本国内でも有効活用!公共のWi-Fiスポットを使うならVPNで安全な通信環境を

公開日: 

中国やその他のインターネット接続に制約が多く、手間がかかる国や環境で自由な接続を行うために使用される機会の多いVPN接続ですが、実はVPNの使い方はそれだけでは無いのです。

・公共のWi-Fiはリスクだらけ?国内でも不正アクセスのリスクを避けるならVPNがおススメ 

街中や空港などでも気軽に接続が出来、有料専用エリアだけでなく、無料で誰でも使えるところも増えてきたWi-Fiスポット。移動中やちょっとした時に使う方も多いのではないでしょうか。

実際パスワード無しでも接続できるエリアは増えてきているので、Wi-Fiの敷居は一気に下がったと言えるでしょう。ですが、そんな公共のWi-Fiスポットには大きな落とし穴が潜んでいます。

それは、通信中のデータを盗み取られてしまう不正アクセス。ネットワーク接続中のデータは公開状態で、知識のある人が見ようと思えば簡単に接続内容を盗み見ることが出来てしまいます。そんな中でもし、インターネットバンキングや会員専用のサイト等でパスワード等を利用していたとしたら、情報を盗まれてしまい不正利用されてしまうリスクが高まってしまいます。

特に無料Wi-Fiエリアは誰でも接続が出来る、つまり情報がだだ漏れの状態なのです。そんなところに重要な情報を流そうものなら、どうなるかというのは想像もしやすいところだと思います。

そんな時にVPN接続であれば、そういったリスクを抑える活躍を見せてくれます。VPN接続は、公共のネットワークの中にサーバーとPC間で専用のネットワークを仮想的に作成して接続をアシストします。この専用のネットワークは暗号化セキュリティを施しており、他の人から通信中の情報を盗み取られるリスクを抑えてくれています。

フリーランスの方が取引先との業務データのやりとりを行う際や、普段の何気ないデータのやりとりでも見られてはまずい情報というのはあるもの。自分の情報や財産を守るのにVPN接続は役立ってくれることでしょう。

・プラネットVPNなら接続ソフト無し、1週間の無料体験期間つき!

そんなVPN接続を提供しているプラネットVPNなら申し込みも簡単で手間もかかりません。急な海外出張の直前にもすぐ申し込み、無料体験期間も1週間準備されているので、安心して接続確認が行えますよ。

しかも、接続に別途アプリケーションのインストールは必要なく、マニュアルも準備。中国をはじめとした海外への旅行、赴任だけでなく、国内での利用にも是非ご検討ください。

安全な接続をアシストいたします。

 
about01about01

PAGE TOP ↑