Googleが中国で使えない!の対処法

公開日:  最終更新日:2016/11/08

海外に行くと何かしらカルチャーショックを受けると思いますが…。
ビジネスなどでふらっと中国に行った方が受けるカルチャーショックは間違いなくコレだと言うものがあります。

それは中国が敷いているインターネット規制です。

カルチャーショックは良い刺激となるものも多いですが、ビジネスなどで中国に渡ると、この規制にはむしろ頭を悩まされる事でしょう。

というのもこの規制…Youtube、Twitter、Facebook、Google、Evernoteなど、著名かつ便利なサービスが規制対象となっており、日本人からすると非常に不便な状態となっております。

ビジネスシーンでのGoogleは検索エンジンとしての役割だけでなく、Gmail、GoogleDrive、Googleスプレッドシートなど、ユーザー間のやり取りを行う便利なツールとして活用されていますね。

日本でこれらを常用しており、中国に来てから「あれ!?アクセスできない…必要なファイルが取り出せない!」と困ってしまう方も多いと思われます。

このインターネット規制が敷かれているため、公共端末だけでなく個人の端末にも適用されている強固な物です。ですが…

ご安心ください!この規制には回避方法がございます。

その回避方法に触れる前に、まずは中国のインターネット規制について簡単に解説致します。

このインターネット規制ですが、このシステムは簡単に言ってしまうと「中国から、特定IPアドレスにアクセスした場合そのアクセスをブロックする。」という物になっています。

つまり…【規制されているアドレスにアクセスする前に、別のアドレスを中継する】ことで、規制は回避が可能なんですね。

これを行う技術があり、「VPN」と呼ばれています。

VPNは本々インターネット上でのやり取りを、より安全な物にするために生まれたセキュリティ技術として開発された物で、これを用いる事で規制の網から逃れる事ができます。
しかしVPNの利用環境を個人で整えようとすると、専門的な知識や機材が必要となるため、なかなか難しいかと思われます。

そのため、手軽にVPNを利用したい人向けのサービスを展開している企業が数多く存在しています。

VPNサービスを契約し、利用する事自体は難しくありませんので、こちらを利用した方がスムーズです。

ですがいざVPNサービスを契約しようと思うと、無料の物や有料の物、日本の物や海外の物と様々な物が存在する為、どのサービスが良いのか迷ってしまうかと思われます。

もちろん、自分の使い方にあったVPNサービスと契約する事が望ましいので、VPNサービスの選び方についても見て行きましょう。

まず、無料のVPNサービスはどうなのか?

無料のVPNサービスは、やはり「無料」である事が最大のメリットと言えます。

しかし接続が安定せず、速度もでません。それにセキュリティ面でも不安が残ります。

たまにインターネットを使う頻度であれば無料のVPNサービスでも良いかもしれませんが、ビジネスや日常的に使用する場合はやめておきましょう。

では有料のサービスはといいますと…。

やはり接続の安定感、通信速度は無料の物と比較すると段違いです。

セキュリティ面でも気を配られている物が多いので、ビジネスで利用するのであれば必ず有料のサービスを用いましょう。

有料のVPNサービスも非常に多く存在し、その内容も多様化しています。

どれが自分に合ってるVPNなのかを判断するには、正直そのVPNのサイトを見ていてもわかりません。

ですので、ほとんどの有料VPNサービスにある試用期間中に、自分の使用内容に耐えうるかテストをしましょう。

VPNは時間帯によって速度が大きく変動したりすることもあるので、試用期間中は何度も利用し試してみることをオススメします。

本記事が皆様の快適なネットライフを送るお役に立てば幸いです。

 
about01about01

PAGE TOP ↑